PC静音化計画:PC自作初心者のためのPCパーツ交換

PC静音化のための電源の交換

PC静音化のための電源の交換

電源も発熱の大きいパーツになりますので、冷却のためのファンが搭載されています。このファンの音がPCの騒音の原因となります。電源の交換は、意外と簡単ですので、ファンの騒音が気になっている方は、静音電源に交換してみては如何でしょうか。

電源

写真は某ブランドのBTOパソコンの電源です。ものすごいうるさいわけではありませんが、ファンの音は気になります。まぁ、格安のBTOパソコンについてるパーツなので仕方がないのですが…

というわけで、静音をうたっている電源に交換してみることにします。

今回は、交換する電源はabee製のAS Power Silentist S550EBになります。熱いときだけファンが回転するように出来ているので、無駄な騒音に悩まされることのない、静音性の高い電源です。

静音電源 AS Power Silentis(S550EB)

実売価格は12,000円〜13,000円。今回は余裕をもって550Wを選んでいますが、特に高性能グラフィックボードやオーバークロックをしないのであれば400W程度の電源でも問題ありません。今回使用しているabee製のAS Power SilentistのS450EB(450W)であれば、9,000円程度で購入可能です。

それでは、次のページからいよいよパーツの交換に取り掛かっていきます。

前のページへ 次のページへ