PC静音化計画:PC自作初心者のためのPCパーツ交換

PC静音化のためのCPUクーラー交換

CPUクーラー交換:まずは純正クーラーを取り外そう

CPUクーラーはマザーボードと呼ばれる基板に設置されています。CPUクーラーを交換するときは、作業がしやすいようにマザーボードごとパソコンから取り出します。

マザーボードの取り外し

マザーボードには、電源やHDD、ケースファンなどの配線ケーブルがつながっていますので、マザーボードを取り外すためには、あらかじめそれらのケーブルを抜いておく必要があります。どこからどのケーブルを抜いたのか分からなくなりそうなときは、ポストイットなどでケーブルごとに色分けしたものを貼っておくと迷わなくなります。

マザーボード自体はパソコンケースにネジどめされているだけですので、プラスのドライバー1本で取り外すことが可能です。全部のネジが外れたことを確認した後に、マザーボード上の他のPCパーツがケースにネジどめされていないかもチェックしてから取り外しましょう。

マザーボード上のCPUクーラー

マザーボードがパソコンから取り出せたら、今度はマザーボードからCPUクーラーを取り外します。

CPUクーラーの取り外し

CPUクーラーは4ヶ所のプッシュピンで固定されています。矢印の方向にまわせば簡単に取り外すことが可能です。また、CPUクーラーのファンをまわすためのケーブルがマザーボードにつながっていますので、それも取り外します。

CPUクーラー取り外し後のマザーボード

CPUクーラーを取り外すとこんな感じです。CPUにグリスが残っているので、キレイにふき取っておきましょう。次のページから、いよいよ静音CPUクーラーの取り付けをしていきます。