PC静音化計画:PC自作初心者のためのPCパーツ交換

PC静音化のために騒音元をつきとめる

騒音元をつきとめる

PCの騒音となるパーツ、CPUクーラー・VGAクーラー・ケースファン・電源・HDDの静音化を一気に施してしまうのであれば、どこが最も騒音の原因となっているかを調べる必要はありませんが、通常最も騒音を発しているPCパーツから交換していこうと考えると思います。


一般的なPCパーツの騒音の大きさ

PCパーツの騒音の大きさ

お使いのPCによって大きく異なる場合もありますので、参考程度に留めて欲しいのですが、一般的には上図のような感じで、騒音を発していると思います。HDDアクセス音の騒音については、人によってうるさいと感じる人とあまり気にならない人がいるようなので載せていません。


騒音元をつきとめる簡単な方法

できるだけ無駄なパーツ交換をすることなく、静音化を図りたいのであれば、騒音元の音の大きさを1つずつ確認していきます。

具体的には、PCのケースのサイドパネルを開けっ放しの状態で、PCの電源を入れ、各パーツのファンを指で押さえて騒音を確認していきます。

指でファンを止めて騒音の大きさを調べる

CPUファン、VGAファン、ケースファンはファンの中央を指で押さえれば止めることができると思います。全てのファンを止めた状態でも騒音がある場合は、電源がうるさいということになります。

各パーツのファンは怪我をするほどの速さで回っているわけではありませんが、いちおう実行する場合は注意しましょう。また、PCケースを開けっ放しの状態で、長時間PCを作動させるのは、あまり良くない場合があるので、騒音元の確認が出来たら閉じましょう。